ホーム 地域別の周辺観光情報

新潟の観光スポット

Lotte Arai Resort-About-Local Guide
  • 住所 : 新潟県妙高市杉野沢
  • TEL : +81-255-86-3911

苗名滝(なえなたき)

長野県との県境、関川にかかる落差55mの苗名滝。柱状節理の玄武岩壁から水しぶきを上げて落ち込むさまは迫力満点で、「日本の滝百選」にも選ばれている。とくに雪解け水が流れ込む春は、水量も増し、いっ そう見応えがある。近づくにつれ地響きがするため地震滝とも呼ばれる。真夏でも周囲はひんやりと涼しいので、納涼スポットとして散策にぴっ たり。滝のもっとも美しい季節は、春の雪解けと10月中旬頃の紅葉のとき。滝への遊歩道も整備されており、徒歩15分ほどで到達できる。苗名滝は森林セラピーロードに指定された“妙高高原自然歩道”の一方の出発点。

※妙高市観光協会提供


いもり池

晴れた日には標高2454mの妙高山を水面にくっきり映し出すいもり池。妙高高原池の平温泉にある周囲500mほどの池で、昔はいもりが多く生息していたことからこの名がついたと言われる。周囲は湿生植物と白樺の林、4月下旬~5月上旬のミズバショウが特に有名。車を降りてすぐに野生のミズバショウの群生が見れるのは国内でも珍しい。池を一周する遊歩道も整備されており、所要時間は15分ほど。バリアフリーの整備もされている。いもり池は森林セラピーロードに指定された“妙高高原自然歩道”の中間点にあたる。

※妙高市観光協会提供

Lotte Arai Resort-About-Local Guide
  • 住所 : 新潟県妙高市池の平
  • TEL : +81-255-86-4599

Lotte Arai Resort-About-Local Guide
  • 住所 : 新潟県妙高市杉野沢
  • TEL : +81-255-86-3911

関山神社

奈良時代より妙高山を霊山と仰ぐ修験道の道場として繁栄。境内には阿弥陀三尊像や 25体の石仏群、釈迦の仏足石などがある。なかでも国の重要文化財に指定された銅造菩薩立像は、日本の仏教美術の歴史を紐解くうえで貴重な仏像。毎年7月 第3土日には1300余年の伝統を誇る「火祭り」が催され、参拝客でにぎわう。地元の若者たちによる山伏の棒術や舞いは、関山が織田信長に攻められ寺社70 余坊が焼かれた教訓から自衛のために山伏が身につけた武術の名残。奉納相撲なども行われ活気溢れる。

※妙高市観光協会提供


燕温泉 河原の湯

燕温泉の温泉街から徒歩15分、標高1,150mにある「河原の湯」。混浴の野天風呂となっている(無料)。泉質は硫黄泉・炭酸水素塩泉・硫酸塩泉で、湯色は乳白色。皮膚病や婦人病、切り傷などに効果がある。湯船は大きな岩で組まれた風情ある造り。秋は大田切渓谷の紅葉が美しい。燕温泉は森林セラピーロードに指定された“妙高高原自然歩道”の一方の出発点。登山・トレッキング後の入浴も楽しめる。

※妙高市観光協会提供

Lotte Arai Resort-About-Local Guide
  • 住所 : 新潟県妙高市大字関山(燕温泉)
  • TEL : +81-255-86-3911

地域別の周辺観光スポットをもっと見る

Lotte Arai Resort-About-Local Guide
  • 住所 : 新潟県上越市本城町(高田公園内)
  • TEL : +81-25-526-5915

高田公園・高田城三重櫓

高田公園は、慶長19(1614)年、松平忠輝公の居城として築かれた高田城の城跡公園です。春には日本三大夜桜、夏には東洋一といわれる蓮を楽しむことができます。 平成5年に復元された三重櫓は1・2階が展示室になっており、高田藩ゆかりの資料などが観覧でき、3階の展望室からは高田公園内が一望できます。

※(公社)上越観光コンベンション協会提供


上越市立水族博物館 うみがたり

キミと日本海の物語がはじまる。 あなたはきっと、海の不思議に夢中になる。 見たことのない美しさに心を奪われる。 上越市の海とまちをもっと好きになる。 訪れる人の数だけ 新しい物語が生まれる場所、 それが「うみがたり」。

Lotte Arai Resort-About-Local Guide
  • 住所 : 新潟県上越市五智2丁目15-15
  • TEL : +81-25-543-2449

Lotte Arai Resort-About-Local Guide
  • 住所 : 新潟県上越市中屋敷、大豆
  • TEL : +81-25-526-5111(市観光振興課)

春日山城跡

戦国時代の名将・上杉謙信公の居城として知られる春日山城跡。国の指定史跡であり、日本百名城にも数えられています。築城の時期についてはよくわかっていませんが、南北朝時代(約600年前)には既に存在していたようです。ただ、現在見られるような広大な城に整備されるのは後のことで、上杉謙信公・景勝公と堀氏によるものと考えられています。標高約180mにある本丸跡からは、日本海や頸城平野、それを取り巻く山並みをも一望できます。

※(公社)上越観光コンベンション協会提供


林泉寺

謙信公の祖父である長尾能景が、父・重景の菩提を弔うため明応6(1497)年に建立した寺院。ここで謙信公は名僧・天室光育の厳しい教えのもと、7~14歳までの青年期を過ごしました。戦国の武将の中でも教養が高く、信仰心が厚い謙信公の素養はこの時期に培われたといわれています。上杉氏に替った堀氏も菩提とし、後に高田藩主も厚く保護しています。怱門(市指定文化財)は春日山城から移築したといわれ、山門は鎌倉時代の和様と唐様を取り入れた大正時代の名作です。

※(公社)上越観光コンベンション協会提供

Lotte Arai Resort-About-Local Guide
  • 住所 : 新潟県上越市中門前1-1-1
  • TEL : +81-25-524-5846

地域別の周辺観光スポットをもっと見る