乙支路[NEWTRO]

新しいという意味の「NEW」と復古という意味の「RETRO」を組み合わせたニュートレンド「NEWTRO」。
これまでのレトロブームとミレニアム世代のトレンドが出会い、新しいレトロブームが起こっています。
「ニュートロ」の聖地と言える乙支路3街で、絶対行くべき名所をおすすめします。


おすすめの名所

Lotte Hotel Seoul, Lotte Advisor, Euljiro

[看板のないお店1]カフェ・ジャン

乙支路3街は、昔、印刷所が軒を連ねていた印刷の街でした。 今も印刷所の跡が残っている建物の間に、その雰囲気にそぐわない特別な場所があります。
その一つが「カフェ・ジャン」です。 好きなカップを選び、飲み物を注文できるカフェです。 1980年代に母親が集めていたようなきれいなジャン(コップ)の中から、自分が気に入ったジャンとともにカフェ独特の雰囲気をお楽しみください。

• 住所: ソウル特別市 乙支路3街 349-1 3階/乙支路3街駅11番出口の付近(徒歩15分)
• 営業時間: 月~土 午前11:30~深夜0:00/日曜日 正午~午後8:00
• 連絡先: +82-2-2285-4854

L7 Myeongdong - Magazine - Neighbors - Soosunwha

[看板のないお店2]ホテル水仙華(スソンファ)

印刷の街の一角に、若い芸術家たちの作業スペース兼カフェがあります。 看板はありませんが、訪れる人が多いところです。 名前はホテルですが、シグネチャーコーヒーとワインを販売しています。

• 住所: ソウル特別市 中区 忠武路7ギル17 4階/乙支路3街駅の10番出口付近(徒歩15分)
• 営業時間: 月~土 正午 ~深夜0:00/定休日:日曜日
• 連絡先: +82-70-8950-2649

Lotte Hotel Seoul, Lotte Advisor, Euljiro

マンソンホプ(満船HOF)

今、ソウル市内で最もホットな街が「ノガリ横丁」です。
その街で最もお客さんが多いのが「マンソンホプ」というビール専門店。看板メニューはノガリ(スケトウダラの幼魚の干物)と生ビールのみ。
それにもかかわらず、一週間を通して毎日たくさんの人が訪れるお店です。 まるでドイツの「オクトーバーフェスト」を連想させるところです。
最も興味深いことは、思い出の看板メニューを楽しんでいるのが、20~30代の若者と外国人ということです。

レトロを楽しむ若者世代が作った「ニュートロ」、
トレンドにのって新しいコンセプトの旅をしたいなら、絶対に行ってみるべき場所です。

• 住所: ソウル特別市 中区 乙支路13ギル19/乙支路3街駅の4番出口前の横丁(徒歩15分)
• 営業時間: 正午~深夜0:00
• 連絡先: +82-2-2274-1040

L7 Hotel, LP, Music

LPバー・ピョンギュンユル(平均率)

レトロと言えば欠かせないのが、「LPレコード」です。
昔の音楽と言えばすぐに思い浮かぶ思い出のアイテムですが、今の世代にとってはとても奇異なものでしょう。
そんなLPレコードがいっぱいの場所で思い出を語る人や、新しい文化に感動する人など、2つの世代が共存するところが、乙支路の「ピョンギュンユル」です。

Tip ! LPレコード音楽以外にも、曲をメモ用紙に書いてリクエストすることができます。

• 住所: ソウル特別市 中区 忠武路4ギル3/乙支路3街駅の8番出口の前(徒歩15分)
• 営業時間: 月~土 正午~深夜0:00/定休日:日曜日
• 連絡先: +82-2-2275-9249

おすすめのプロモーション