済州の楽しみ方

jeju, Tourist Attractions

城山日出峰[ユネスコ世界自然遺産]

海抜182メートルの「城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)」は10万年前、海底噴火によってできた火山です。城山日出峰は済州道の東側の一番端にそびえ立つ大きな岩の塊で、日出峰頂上には巨大な噴火口があります。噴火口は直径600メートル、高さが90メートルで、面積が8万坪にもなります。大きな王冠を連想させる99個の鋭い岩が、噴火口の周りを囲んでいます。東・南・北側は絶壁で、西北面だけが芝が稜線に生えており、それが城山村まで続いています。西北面は散策路として造成されており、そこで馬に乗ることもできます。

[KTO : http://api.visitkorea.or.kr ]

jeju, Tourist Attractions

天地淵瀑布

天地淵(チョンジヨン)とは神の池という意味を持つ言葉で、玉皇上帝に仕える7人の天女が玉の笛を吹きながら雲の階段を下りて地上に降りてきてこの池で沐浴をしたという伝説が残っています。
ここは天然記念物163号にも指定されている膽八樹が自生しているところで、それ以外にも様々な珍しい植物や木々が鬱蒼とした森を成しており、天然記念物379号として保護されています。この森に1キロメートルの散策路があり、それに沿って歩くと滝にでます。
滝は高さ22メートル、幅12メートルで、滝つぼの水深は20メートルです。滝自体が天然記念物第27号にも指定されており、ここに住む天然記念物第258号の大ウナギも有名です。

[KTO : http://api.visitkorea.or.kr ]

jeju, Tourist Attractions

済州道 西帰浦市 中文洞

大浦海岸(テポヘアン) 柱状節理帯(チュサンチョルリデ)
石柱が海岸線に幾重にも重なりあっている西帰浦市の柱節理帯は、済州の指定文化財です。柱節理帯は、漢拏山から噴出する溶岩が中文の前の海に流れ込んで形成され、大小の四角形や六角の石柱(30m)からできています。まるで石職人が作ったような柱節理を見ると、自然の神秘を感じずにはいられません。行政区域上では、昔の地名「チサゲ」を活かして「チサゲ岩」とも呼ばれています。ここでは20m近い高さの絶壁にぶつかる高い波濤と海釣りが有名です。

[KTO : http://api.visitkorea.or.kr ]

jeju, Tourist Attractions

中文観光団地

「中文観光団地(チュンムングァングァンダンジ)」は、済州の総合観光団地で国内最大規模のリゾートです。中文観光団地は130万坪の敷地面積があり、1971年に国際観光団地として指定されました。団地内にはパシフィックランド、如美地植物園、ゴルフ場、観光温泉、仙臨僑、天帝淵滝、中文海水浴場などの見どころがあります。また新羅ホテル、ロッテホテル、ハイアットホテルなどのデラックスホテルと観光施設が整備されているため、外国からのVIPがよく訪れることで有名です。

[KTO : http://api.visitkorea.or.kr ]